カテゴリー別アーカイブ: ニュース&トピックス

本年度(2017)をもちまして講演活動をご辞退いたします。

長年にわたり、私の講演を皆さまにお聞きいただいて参りました。
何処にでもいるような主婦であった私が、義母実母の介護の経験を基に出版した著書(老親介護は今よりずっとラクになる!心も家計も救われる65の知恵[情報センター出版局])をきっかけに、老人施設の長を任され、またその経験も積み重ねた集大成として、皆さまの前に立たせていただける機会を多くいただけたました。
これは私の人生のなかで最も誇らしいことであり、皆さまの笑顔やお声に接する時間は、私の生きがいになっておりました。
全国から寄せられた、辛い生活を強いられた方々からの「救われました」「心の支えになっています」との声がなによりの励みになりました。

当時介護とは、娘や嫁(女性だけ)が苦労を隠して我慢して行うもの、介護を楽にしたいなぞ、とても憚られるものでした。そんな中での私のあげた声は、それまでの日本の介護に対する慣習への反抗ともいえるものです。
しかし当時はそこまでの意識があったわけでもなく、純粋な体験記の出版だったのですが、社会の反響は大きく、一種の使命感が少しずつ芽生えてきました。
頑張って介護することが当たり前とされた女性たちに、「がんばらなくていいのよ!」 とエールを送りつづけ、“社会に一矢を報いた”と多くの女性から共感をいただけることが誇りとなっていったのです。

時は移り、社会の介護への関心は高まり、公的介護保険など福祉政策の変化、社会資源の整備、なにより世論に変化が生まれ、高齢化社会の問題とも関連し、堂々と介護について議論がされる時代となりました。
思い返せばその変化は劇的なものであり、驚きであり喜びともいえます。
その時代に生きた女性として、ほんの少しでも社会に貢献できたとしたら嬉しい限りです。

私が介護する側から、される側の年齢となった今、一定の役割は果たせたと感じ、新たな決意をしたいと思います。
満80歳を迎えた本年度をもちまして、講演活動を終えたいと思います。

伊達政宗はこんな言葉を残しています。

馬上少年過
世平白髪多
残躯天所赦
不楽是如何

馬上の少年が過ぎていく
世平らかにして、白髪多し
残された身体は天の許すところ、
これを楽しまずして如何せん

私の大好きな漢詩です。
これからは政宗の心境で時を過ごすつもりです。

幸運にもまだ足腰も不自由なく、ほとんどの時間を愉快に楽しく、自分の為に使って生きていきたいと思います。
私の勝手な決断をお受けいただけますようお願い申し上げます。

応援くださった皆様、どうぞお元気で。
ありがとうございました。

野原すみれ

 

虹の仲間が書籍に掲載されました「まちづくりのレシピ」地域再生大賞から

再生大賞にノミネートされた全国の団体が掲載された書籍に、虹の仲間も掲載されました。

「まちづくりのレシピ」地域再生大賞から 共同通信社 ¥1,600-
地域再生大賞実行委員会監修

既報 虹の仲間が「地域再生大賞 ブロック賞」 http://noharasumire.jp/archives/1128  
IMG_20150814_0001IMG_20150814_0002

虹の仲間が「地域再生大賞 ブロック賞」

野原すみれが運営委員長をつとめる虹の仲間が、地方新聞45紙と共同通信社が設けた「第5回地域再生大賞」の ブロック賞を受賞いたしました。

地域再生大賞
http://www.47news.jp/localnews/chiikisaisei/taisho/

以下神奈川新聞の記事を転載します。
http://www.kanaloco.jp/article/83204/cms_id/122746

―――――――――――

地域活性化に挑む団体を支援しようと、地方新聞45紙と共同通信社が設けた「第5回地域再生大賞」の各賞が24日決まった。大賞(副賞100万円)は「てごねっと石見」(島根)が選出された。準大賞(同30万円)は「ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会」(福島)と「酒谷地区むらおこし推進協議会」(宮崎)に決定。第5回記念賞(同30万円)に「農音」(愛媛)が選ばれた。神奈川の「高齢化社会をよくする虹の仲間」(横浜)はブロック賞(同10万円)となった。表彰式は2月9日、東京都内で行う。

◆支え合い信頼と安心

老いじたく30年「先駆的」

 「高齢化社会をよくする虹の仲間」(横浜市青葉区、約150人)の発足は、1983年1月にさかのぼる。高齢化問題が議論されはじめたころで、東急田園都市線沿線の女性たちが中心となり、自らの課題として30年余り「老いじたく」に取り組んできた。

 地縁・血縁の薄い新興住宅地で、「視野は社会に、活動は足元から」をモットーにセミナーなど多彩な活動を展開、安心のライフラインとなる仲間づくりを進めてきた。

 地域再生大賞の選考委員会は「高齢化が急速に進む中、都市部で支え合いのできるコミュニティーを、どう築いていくかが大きな課題となるだけに活動は先駆的といえ、各地で大いに参考になる」と評価した。

 「虹の仲間」代表の佐渡友順子さん(71)は「とても励まされる」と受賞を喜び、「『仲間とつながっている』ことが生きる力になるよう、これからも活動を続けたい」と意欲を示す。運営委員長の野原すみれさん(77)も「老後のための仲間づくりが大きな輪になり、支え支えられる安心につながっている」と指摘。「仲間たちの信頼感は揺るぎなく、心の中心に、年を重ねるごとに増している」と30年の足跡を振り返る。   【神奈川新聞】

―――――――――――

saiseitaishou

20150210神奈川新聞

20150125kanagawa

20150125神奈川新聞

11月4日テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に出演します。

明日11月4日AM10:30から放送のテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」にて、老々介護に関連する殺人未遂事件の特集が放送され、その番組内で野原すみれがコメンテーターとして出演します。
(11:10過ぎ頃の放送予定)

テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
http://www.tv-asahi.co.jp/scramble/

 

野原すみれ著「正々堂々がんばらない介護」重版決定

海と月社刊「正々堂々がんばらない介護」の重版が決定いたしました。第3部となります。
野原の代表作といえるこの作品が長らく皆様に愛されていることに野原も感慨一入です。

6月中旬に出荷されます。宜しくお願いいたします。

31561532海と月社 1260円

キャプチャ

正々堂々がんばらない介護書店用POP

私のノート 安心できる3つのそなえ

IMG_20140413_0001私のノート
安心できる3つのそなえ

虹の仲間自費出版 ¥200

虹の仲間で作ったエンディングノートです。大事なのことは3つ、健康とお金と危機管理。この3つ書くだけで、ご自身と残された方たちへの安心と備えに直結するノートです。過去エンディングノートを2冊出版し、多すぎる記述に気づいた結果の「私のノート」です。簡単で書きやすく、解りやすくて読みやすい。ここに署名捺印すれば遺言書にもなるという優れものです。

同じ内容の「私のノート」を二冊用意し、一冊はいつもバックやカバンに入れて外出しいざに備える。もう一冊は家の中に。家のどこがいいかって、それは冷蔵庫の中がベストですよ。チョコチョコ開けるから絶対に忘れないし、第一腐らないから。認知症になっても心配なし。

プレゼントにも最適ですし何てたって安い。さらに定価200円の2割40円を福島県いわき市の久之浜児童クラブにカンパしてます。

書店では扱っていませんのでお入り用の方はお手数ですがファクス045-902-2705へお願いいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

 

虹の仲間

 

 

 

売上のうち20%を福島県いわき市の久之浜児童クラブに寄付させていただいております。